2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.19 (Sun)

引きずってるんですかね。

今書いているスザルルSSのボツ部分をもったいないので、少し弄ってうpです。

文書くこと自体久しぶりなので…orz


SS、よりも短いので、詩のカテゴリにしてみました^^;


スザルルと云っても、これはBLではありません。(本編はBLですがww
むしろ、スザクとルルーシュは出て来ませんwww


内容的に、凄く…厨二病です…。

久しぶりの詩更新がこれって/(^o^)\




読んでやるぜ!な方は続きからどぞ。



【More・・・】








The bird crossing the night demands noon and will fly.

The bird crossing the noon demands night and will fly.


The white bird crawls on the ground,

The black bird draws loneliness,

The red bird traces a trace.






嗚呼、私は、闇で生まれ、そして闇で死んでいく。
初めから、そういう運命だったのだ。
解っていたではないか。
いつか終わりが来る事は赤子だって知っている。
それを承知で、私は生まれた。薄暗い倉庫のなかで、スポットライトのうえで、群衆の望みが、私を生んだのだ。
正義が私を象り、悪が私を染めた。


私は受け継がれるだろう。


人とは、つまり、尽きることのない欲望である。
何よりも理性的であり、
何よりも本能的である。
全ての者が、何かを望む。
欲望、愛、そして未来。


世界とは、つまり、求め続ける明日である。
何よりも開放的であり、
何よりも閉鎖的である。
全てのモノが、何かを願う。
破壊、忘却、そして再生。

群衆が明日を望む限り、救世主は受け継がれる。



私は、全ての根源であり、全ての終焉である。






私は、 ゼロ









==◇==◇==


↓初めの英文の訳↓


夜を渡る鳥は、昼を求めて飛ぶのだろう

昼を渡る鳥は、夜を求めて飛ぶのだろう


白き鳥は、地を這い、

黒き鳥は、孤独を描き、

紅き鳥は、軌跡をなぞる。



変換はやふーさんですwww便利^^
どう見ても厨二病です本当にあry


スザクでも、ルルーシュでもありません。
『ゼロ』です。
だから、一人称が私。


感想&誤字脱字指摘大歓迎です^^

スポンサーサイト
EDIT  |  00:14  |  *詩*  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

何か…凄く…良いなと思いました。作文んん!(笑)
えっと…何かいつもと雰囲気違うね?
でもこれはこれで素敵!
やっぱり良い文書くよね!
亜理栖 |  2008.11.12(水) 03:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。